平和の架け橋

日本の武道によって、世界の平和に貢献できる。言葉の壁を乗り越える。私達は古くより伝えられている文化伝統芸能という面で優れた民族だと思っています。しかし現代人特に都会などでは薄れていく方向に向かっています。高齢化社会にあって世界を平和で繋ぐ架け橋が、日本の思想、文化伝統芸能が一端を担うことが出来ると確信しています。心を磨き心身共に健全なものにするため日夜修行するのです。一日休めば三日分逆戻りするとまで言われています。日常の生活の中に、修行の機会があります。常に心に留めたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

居合道